COMPANY

会社情報

沿革

1939

11月 現・東大阪市の牧岡(ひらおか)地区において、サクラ特殊鋼伸延(株)を創設。ステンレス線他特殊鋼線の生産を開始。

  • 初代社長 大橋 義久
    初代社長大橋 義久
1948

4月 軟鋼線材製品(主として亜鉛めっき鉄線)の生産に転換。

  • 営業事務所、第1工場
    営業事務所、第1工場
  • 第1工場 伸線場
    第1工場 伸線場
  • 工作の搬送用三輪「ミゼット」
    工作の搬送用三輪「ミゼット」
1961

8月 普通鉄線、なまし鉄線、亜鉛めっき鉄線のJIS表示許可を受ける。

  • 2代目社長 大橋 荻野
    2代目社長大橋 荻野
  • 3代目社長 大橋 勉
    3代目社長大橋 勉
1971

10月 線材3次製品の製造開始。(有刺鉄線、ルーピングワイヤー、その他)

1972

10月 日本で初めて極厚亜鉛めっき鉄線の商品化に成功。

  • 初代社長 大橋 義久
    第2工場 稼働中の伸線工場の一部
  • 初代社長 大橋 義久
    第2工場 太番鍍金工場の捲取機
1973

5月 果樹園用極厚亜鉛めっき鉄線「豊」の販売開始。

1974

3月 サクラ養殖用イケス(亜鉛付着量400g/m²以上)を開発。

  • 当時のカタログ
    当時のカタログ
1975

6月 牧場用極厚亜鉛めっき有刺鉄線「SSバラ線」の販売開始。

  • 当時のカタログ
    当時のカタログ
1977

2月 極厚亜鉛めっき鉄線の需要増加に伴い、岐阜県可児市に高速めっき工場(オーストラリアAWI社のガスワイピング法技術を導入)を建設、亜鉛付着量500g/m²の生産が可能となる。

  • 岐阜工場
    岐阜工場
1981

5月 岐阜工場亜鉛めっき方法及び装置の国内特許成立。

1986

4月 めっき鋼線の製造方法の国内特許成立。

8月 光沢亜鉛めっき鉄線「ブリオン」の販売開始。

1991

10月 サクラテック株式会社に社名変更。

1993

7月 JIS改正、制定に伴い「JISG3532鉄線」及び「JISG3547亜鉛めっき鉄線」の表示許可再取得。亜鉛アルミ合金めっき鉄線の販売開始。

1994

7月 亜鉛アルミ合金めっき鉄線に「ガンバルZ」と命名。

2002

12月 亜鉛アルミ合金粗面めっき鉄線「ガンバルZテクノサーフ」の販売開始。

  • 4代目社長 大橋秀典
    4代目社長 大橋秀典
2007

4月 大阪工場を閉鎖し、岐阜工場に集約する。

2008

7月 新JISマーク表示制度の認証を受ける。

2009

4月 国土交通省新規準の粗面めっき鉄線を開発。

2010

3月 亜鉛アルミ合金めっき鉄線「ニューガンバルZテクノサーフ」の販売開始。

2017

11月 東京丸の内に営業所を開設。

  • 東京営業所
    東京営業所
2019

11月 設立80周年。

CONTACT
電話窓口(代表)
072-984-1234